投資用ワンルームマンション売却査定 赤字の時は・・・?

収支が赤字になった投資用ワンルームマンションを売りたい!

マンション,売却,査定,ワンルームマンション,赤字

資産運用として、不動産投資をを選択されている方が多くいらっしゃいます。

 

 

不動産投資の中でも、ワンルームマンションへの投資は比較的少ない資金で始められるため人気も高いようです。

 

 

投資用マンルームマンションは 借りてくれる入居者がいれば 安定して家賃収入を得ることができます。

 

 

しかし、入居者がいなくなり、空室になってしまえば、家賃収入は入らなくなってしまいます。

 

 

また、投資用ワンルームマンションも、経年劣化により、家賃を下げざるをえなくなる場合が出てきます。

 

 

投資用ワンルームマンションを売却する場合は、時間に余裕をもって取組んで下さい。

 

 

急いでしまうと、足元を見られてしまうものです。

 

 

不動産の売却にあたっては、売り急がないよう、計画的にすすめましょう。

 

 

焦って、相場よりも安く買い叩かれてしまう、などということにならないよう、予め売却計画を立てておくことが重要です。

 

 

 

 

 

収支が赤字の投資用ワンルームマンションを売る 売却目標額を決めよう

 

マンション,売却,査定,ワンルームマンション,赤字

全体で赤字が続いていると、マンション投資を投げ出したい気持ちになるでしょう。

 

 

マンション投資から手を引いて、すっきりしたくなる気持ちは分かります。

 

 

しかし、すぐに売ってしまおうとは考えず、まずはローンの借り換え、もしくは、家族から援助を受けて凌ぐなどし、腰を据えて売却を進めていくことも考えたほうがよいでしょう。

 

 

 

 

 

収支が赤字になってしまっている投資マンションをどのように売却を進めていくか、考えてみましょう。

 

 

まずは、「売却目標額」を決めて、想定外の安い価格で売ってしまう、というように売り急がないように気をつけましょう。

 

 

収支の改善が難しい場合は、優先して売却の検討をしましょう。

 

 

 

賃貸支出

 

 

毎月かかる支出

  • 投資ワンルームマンションのローン返済
  • 投資ワンルームマンションの管理費
  • 投資ワンルームマンションの修繕積立金
  • 投資ワンルームマンションの業務委託費など

 

 

臨時にかかる支出

  • 入居者が入退去するときに必要な内装費用
  • 新規入居者募集のための費用

 

 

税金

  • 所得税
  • 固定資産税
  • 都市計画税
  • 不動産取得税

 

投資マンションの賃貸経営に際し、発生する支出は色々ありますね。

 

 

 

 

 

収支がマイナスの物件であれば、やはり売却を検討した方がよいのか

 

投資マンション査定額がローン残高を上回る場合

 

収支がマイナスの場合は、投資マンションの売却を検討したいところです。

 

不動産会社に査定をしてもらった査定額がローン残高を上回ればローンを完済できますね。

 

 

 

 

投資マンションの査定額が、ローン残高より低い場合

 

逆に投資マンションの査定額がローン残高より低ければ、投資マンションを売却しても、ローンの完済ができないことになってしまいます。

 

 

 

 

では、ローンの完済ができない場合は、引き続きローンの払い続けるしかないのでしょうか。

 

 

諸費用を考慮し、ローンの借り換えを慎重に検討しましょう

 

ローンの完済ができない場合は、いくつかの金融機関に相談し、ローンの借換えを検討しましょう

 

 

高い金利でローンを組んでいる場合は、ローンの借換えを行うことで、固定・変動金利いずれの場合でも、収支がプラスに改善する可能性があります。

 

 

少しでもマイナス収支を改善する、持ち出し金額を減らす方法を検討したいものです。

 

 

金融機関ごとに、ローンの借換えができるかどうか、金利条件などは大きく異なります。

 

 

なるべく多くの金融機関に相談し、各金融機関の借り換え条件を比較検討してみましょう。

 

 

 

ローンの借換えに必要になる諸経費

  • 登記費用
  • 保証料
  • 手数料など

これら諸経費についても計算し、各金融機関を比較検討してください。

 

 

 

 

 

投資マンションの賃貸経営が難しくなってしまっている場合

 

ローン支払いも困難で、返済資金の調達に消費者金融から借り入れを行わなくてはならない状況になる場合も出てくるでしょう。

 

 

ローンの返済が厳しくなっている場合は、まずは借入先の金融機関に現状を率直に相談してみましょう。

 

 

返済期間を延長してくれるなどの対策を提示してくれる可能性があります。

 

 

投資マンションの売却が可能かどうかは、まずは査定額を見てみないと分かりません。

 

 

査定額とローン残高、金利の動向、賃貸不動産市場の家賃の動向、様々なことを考慮し、よいタイミングで売却を考えてください。

 

 

 

 

>>>収益物件不動産一括査定はこちらから

 

 

 

 

マンション査定に関してはこちらのページも参考にして下さい。


マンションを高く売りたい!

マンションを高く売るためには、一社だけではなく複数の会社の査定額を比較すること不動産会社選びが重要です。

>>>60秒 カンタン一括査定申込みこちら