マンション住み替え(買い替え)|売りと買いのタイミングは?

マンション住み替え|売りと買いのタイミングは?

マンション,住み替え,査定,売却,不動産一括査定

 

 

マンション住み替え(買い替え)の場合、売却購入、どちらを先にするべきでしょうか。

 

住宅ローンが完済できるか、買い換えローンを利用するか、仮住まいはどうするか、順番に考えていきましょう。

 

 

 

 

マンション住み替えの場合

  • 今住んでいるマンションを売却
  • 新しいマンションを購入

という売り買いのタイミングが、今後の資金計画に大きな影響を与えます。

 

 

たいていの場合は、売却代金をマンション購入の資金に充てるので、売却を先にするか、購入を先にするかは難しいところです。

 

 

売却と購入が同時に成立すればそれに越したことはないのですが、 なかなか同時にうまくはいかないものです。

 

 

 

他の人はどうしているのか、気になりますね。

 

 

実際のところは、新居を購入して、引越し先を決めてから自宅を売却するケースが多いようです。

 

 

 

 

マンション住み替えで購入が先の場合、資金計画に十分注意を!

 

新居購入が先の場合

 

マンション,住み替え,査定,売却,不動産一括査定

新居購入が先の場合は、じっくりと新居を選べる、というメリットがあります。

 

 

ただ、新居購入の方に重きをおいてしまいがちで、売却は疎かにしてしまい、資金計画が思い通りに行かない場合もありますので気をつけましょう。

 

 

まず、売却予定のマンションが売れるまでは2重に住宅ローンを支払うことになってしまいます。

 

 

長期間売れない場合は、資金計画が崩れ、最悪の場合は新居まで手放す可能性すらも出てきます。

 

 

新居を購入したのにマンションが売れない場合、売り焦って希望売却価格や相場よりも安くで売却する、ということになりかねません。

 

 

そのようなリスクを考えると、住み替えの場合は、新居購入に必要な資金が確定する、「今のマンションの売却を優先する」ことが安全でよいでしょう。

 

 

資金計画に余裕がある場合は、購入が先でも、もちろん大丈夫です。

 

 

しかし、住宅ローンの残高が多いなど、資金に余裕がない場合は、売却を先に進める方が無難です。

 

 

 

マンションの売却が先の場合

 

マンション,住み替え,査定,売却,不動産一括査定

マンションの売却が先の場合は、

 

  • 仮住まいへの引っ越しと新居への引っ越し、2度の引越の手間と費用
  •  

  • マンションが売却できるまで、マンションのローンと仮住まいの家賃が必要

 

このことを頭に入れて、資金計画を練りましょう。

 

 

 

 

買い換えローンを利用する場合

 

買い替えローンを利用する場合は、売りと買いを同時に決済しなければなりません。

 

 

新居購入は、予算さえ合えば買うことができます。

 

 

難しいのはマンションを売却することです。

 

 

売ることは、購入希望者が自分の売り出し価格で購入してくれないと取引は成立しませんので、
相手があってのこと、という意味で、買うよりも、売ることが難しいといえます。

 

 

 

 

マンション住み替え検討時、初期の段階でやること、決めること

 

 

マンションの住み替えをする場合は、

 

  • マンションがいくらくらいで売れて、住宅ローンを完済できるかの確認
  •  

  • マンションを売っても住宅ローンが完済できない場合はどうするかを検討する
  •  

  • 買い替えローンを組む場合は不動産会社にマンションを買い取ってもらうか
  •  

  • マンションが売れてから、一旦仮住まいをしてゆっくり新居を探すか

 

 

これらは先にやっておくこと、決めておくことです。

 

資金計画で困らないよう、方針は先に決めておきましょう。

 

 

 

 

>>>マンション売却 不動産会社の選び方

 

 

 

 

※こちらのページも参考にして下さい。


マンションを高く売りたい!

マンションを高く売るためには、一社だけではなく複数の会社の査定額を比較すること不動産会社選びが重要です。

>>>60秒 カンタン一括査定申込みこちら