マンション 査定  中古マンション売却時の必要書類

マンション売却時に必要な書類は?準備するタイミングは?

マンションを売る際には、色々必要書類を用意しなければなりません。

 

 

その都度、不動産会社から必要書類を教えてくれると思いますが、いずれは必要になるものですので、焦らなくてもよいよう、事前に頭に入れておきましょう。

 

 

いつ書類が必要になるのでしょうか。

 

 

書類が必要なタイミングは、大きく分けると、

  • マンション売却を仲介業者に依頼する際
  • 売買契約締結時
  • マンションを引き渡す際

となります。

 

 

それぞれのタイミングで必要な書類を記載しますので、是非参考にして下さい。

 

 

 

【マンション売却を仲介業者に依頼する際】に必要な書類

 

登記簿謄本

 

登記簿謄本とは、「登記事項証明書」とも呼ばれ、不動産に関連する情報を記載されており、法務局で取得します。

 

 

これは登記者に限らず、誰でも取得する事ができます。

 

 

 

売買契約書

 

今回売却するマンションを購入した際の売買契約書です。

 

特約がある場合などはここに記載されています。

 

 

 

重要事項説明書

 

不動産取引において、

 

  • 物件の内容「対象物件に関する事項」
  • 取引条件「取引条件に関する事項」

 

など、契約をするかどうかを決めるために必要な情報が記載された書面です。

 

 

 

図面、設備仕様書

 

マンションに売却に有利になる設備が入っている場合やリフォームをしている場合などは、提示しましょう。

 

 

 

固定資産税納税通知書

 

固定資産税と都市計画税は、その年の1月1日時点の所有者に対して1年分が課税されます。

 

 

法的なものではありませんが、一般的に日割り計算により、売り主と買い主双方で負担します。

 

 

買い主負担分を売り主に支払い、売り主が納税する、という方法を取る場合が多いようです。

 

 

固定資産税納税通知書を基に費用を算出します。

 

 

 

マンション維持費に関する書類

 

マンション管理費、修繕積立金などに関する書類です。

 

 

マンション管理費、修繕積立金も、決済日を基準に精算します。

 

 

 

マンションの規約

 

マンションに関する詳細の情報を確認するために必要な書類となります。

 

 

 

 

 

【マンション売買契約締結時】に必要な書類

 

マンション売買契約締結時に必要な書類は売り主に関するものとなります。

 

 

 

身分証明書

 

これは本人確認のためのものです。

 

 

 

実印

 

マンションを売却する本人の実印。

 

 

共有名義の場合は
名義人全員分の実印が必要になります。

 

 

 

印鑑証明書

 

3か月以内のもの。

 

 

共有名義の場合は名義人全員分の印鑑証明書が必要になります。

 

 

 

銀行口座書類

 

銀行通帳など。

 

 

マンション売買代金から必要費等を引いた残金が
この口座に振り込まれます。

 

 

 

ローン残高証明書、またはローン返済予定表

 

住宅ローンを利用されていない場合は必要ありません。

 

 

 

住民票

 

登記上の住所と売り主の現住所が異なる場合には住民票が必要になります。

 

 

3か月以内のものを用意しましょう。

 

 

 

 

 

 

【マンションを引き渡す際】に必要な書類

 

マンションを引き渡す際に必要な書類には、

  • 権利に関するもの
  • マンションに関するもの

があります。

 

 

登記済証(権利書)または登記識別情報

 

売却物件の内容確認や登記の際に必要となります。

 

 

今回売却するマンションを購入された際に法務局からもらった書類です。

 

 

移転登記により、権利が買い主に移ります。

 

 

 

設備の仕様書

 

 

 

パンフレットおよび広告資料

 

 

その他、物件に関する情報がある場合も、プラスアルファで用意しておくとよいでしょう。

 

 

 

 

 

以上が一般的にマンション売却時に必要な書類になります。

 

 

実際に必要な書類については、不動産会社の方の指示に従って用意して下さい。

 

 

 

 

マンション売却に関してはこちらのページも参考にして下さい。

 


HOME4U マンションナビ すまいValue スマイスター イエイ イエウール