仲介業者の選び方 マンション査定で販売力のある会社の見分け方

仲介業者の選び方 マンション査定で販売力のある会社の見分け方

 

査定を複数の会社にお願いすると、査定額に違いが出ます。

 

 

実際、マンションの査定額に1割ほどの差が出ることは珍しくありません。

 

 

 

 

査定を同じ時期の頼んだのに、各社で査定額が違うのはなぜ?

 

同じマニュアル、同じ評価基準で査定しているのに、なぜ査定額に違いがでるのでしょうか。

マンション,査定,売却,不動産一括査定,仲介業者

 

 

それは、査定評価の際に使われる基準とする事例(既に売買が成立している最近のマンション売却の成約事例)が異なるからです。。

 

現在、中古マンションの査定は、「取引事例比較法」を用いることが一般的です。

 

 

同じマンション過去、直近の取引事例を集めて、条件を比較すること査定額を算出します。

 

 

 

成約事例というのは、

 

指定流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワーク・システム、レインズ(REINS)の不動産取引情報提供サイトREINS Market Informationに多く蓄積されています。

 

 

しかし、

 

  • 売主の事情で成約価格が公開されない
  •  

  • 一般媒介契約でレインズには登録されない

 

という場合もあり、すべての情報が共有されるわけではありません。

 

 

自社だけが持っている成約事例の数が、多ければ多いほど、基準とできる事例が多くなる、ということになります。

 

 

査定物件と同じマンションであったり、同じ棟内での成約事例がある場合とない場合とでは、査定額が変わってくる、ということです。

 

 

 

同じマンションに自社の取引事例がある場合、

 

  • 物件の詳細な状況
  • 売却背景
  • 契約に至る過程についての情報

 

などが分かるため、査定価格の精度は高くなります。

 

 

そのため、同じマンション、もしくは近隣地域の多くの物件の売買をしている仲介業者のほうが査定額の精度が高いといえるでしょう。

 

どの事例を元に査定額が算出されたかどうか、という根拠を聞いてみて下さい。

 

 

 

 

査定後の不動産屋選び 同じマンションで成約事例の多い会社に頼むべき?

 

都心部の人気のあるマンションを査定する場合などは、同じマンションで取引実績が多い場合と取引実績がない場合では評価の精度に差が出やすいです。

 

 

同じマンションが基準になるか、近隣の類似マンションが基準になるか、の違いです。

 

 

そういう意味では、同じマンションで成約事例の多い会社の査定額が一番信頼性が高く、また、実際に売買実績がそれだけある、ということは、大きな強みといえるのではないでしょうか。

 

 

 

ただ、営業マンの対応の良し悪し、ご自身との相性というものもあります。

 

 

「この人に自分のマンション売却を任せたい」と思える営業マンがいいですね。

 

 

 

不動産会社の販売力と営業マンとの相性、トータルで判断してください。

 

 

 

 

>>>おすすめの不動産一括査定サイトはこちら

 

 

 

 

 

※マンション売却、査定について参考にして下さい。

 

マンションを高く売りたい!

マンションを高く売るためには、一社だけではなく複数の会社の査定額を比較すること不動産会社選びが重要です。

>>>60秒 カンタン一括査定申込みこちら