ソニー不動産について 売却エージェントサービスとは?

ソニー不動産について 売却エージェントサービスとは? 

 

マンション売却の際には、不動産会社選びが非常にで重要です。ここでは、売却エージェントサービスを導入しているソニー不動産について説明しています。東京、神奈川、埼玉、千葉で不動産売却、査定を検討されている方は参考にして下さい。

 

 

マンション,査定,ソニー不動産

 

 

 

マンション売却を検討している場合、必ず、複数の会社に査定をしてもらい、査定額を比較しましょう。

 

 

ここでは、マンション売却の不動産会社選びの選択肢のひとつとして、ソニー不動産をご紹介します。

 

 

 

 

 

ソニー不動産の売却エージェントサービスってなに?

 

 

マンション,査定,ソニー不動産

 

ソニー不動産は一つの物件に対し、両手といわれる、「売り手」と「買い手」の両方を担当することを原則禁止しています。

 

 

 

不動産会社の儲けは仲介手数料です。

 

 

自分が不動産会社の立場であれば、当然、売り手と買い手、両方から仲介手数料をもらえた方がよいですね。

 

 

不動産の仲介手数料は成約価格によりますが、結構な額になります。

 

 

 

不動産売買価格(税別)ごとの仲介手数料の上限ですが、

 

1000万円の物件だと 220,500円、2000万円の物件だと 535,500円、3000万円の物件だと 693,000円、5000万円の物件だと 1,323,000円

 

になります。

 

 

仮に3000万円の不動産売買が成立すると、売りと買い、両方の仲介をすると、不動産会社は 【693,000円×2】の仲介手数料をもらえる、ということですね。

 

 

しかしその手数料を得るために、「囲い込み」「売り止め」という問題があるのをご存知でしょうか。

 

 

売りと買い、両方自社で!となると、オープンな場合に比べると買い手が見つかるまでに時間がかかる、ということになります。

 

 

自社のお客さん同士で売買契約締結させるために、「高すぎて買い主が現れない」と価格をさげさせられる(買い手側の要望を優先する)ということもあり得ます。

 

 

 

 

両手仲介が悪い、といっているわけではありません。

 

 

マンション売却時に不利益になることがある、かもしれない、ということです。

 

 

 

 

ソニー不動産の売却エージェントサービスは両手仲介を禁止し(買主側の担当を兼務しない)マンションを売りたい人の要望を最優先に考え、買主を広く探すための売却戦略を提案してくれる、ということです。

 

 

売却エージェントサービスは、不動産先進国のアメリカでは一般的なサービスですが、日本ではまだまだ少数派のようです。

 

 

 

 

 

 

ソニー不動産は仲介手数料の割引制度がある

 

 

ソニー不動産では、仲介手数料が割引になる制度があります。

 

 

ソニー不動産と専任媒介契約か専属専任媒介契約を結んだ場合、最大5万円の割引を受けられるというものです。

 

 

参考:専任媒介、専属専任媒介、一般媒介の契約の詳細と解約について

 

 

 

仲介手数料は、先程述べたように、物件の成約価格によっては結構な額になります。

 

 

少しでも割引があり、手元に残しておけるのは嬉しいことですね。

 

 

 

 

 

マンション,査定,ソニー不動産

マンション売却を検討している場合、必ず、複数の会社に査定をしてもらい、査定額を比較しましょう。

 

 

実はソニー不動産、現在どの一括査定サイトにも登録はありません。

 

 

ソニー不動産のサービスエリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県です。

 

 

一都三県でマンション売却を検討中であれば、個別で査定申込みをしてみるとよいと思います。

 

 

 

 

 

>>>詳しくはソニー不動産公式ページをご確認下さい

マンションを高く売りたい!

マンションを高く売るためには、一社だけではなく複数の会社の査定額を比較すること不動産会社選びが重要です。

>>>60秒 カンタン一括査定申込みこちら