自殺者が出たマンションの価値は下がる?安くなるの?

自殺者が出たマンションの価値は下がる?安くなるの?

自殺,事故物件,マンション,価値,査定

 

もしも自分が住んでいる分譲マンションで
自殺事故があったとしたら・・・・

 

 

マンション名などが広まってしまうと
マンション自体、マンション全体としての価値
は下がるのでしょうか?

 

 

マンションを売りたいと考えていた矢先に・・・
なんてこともあると思います。

 

 

全体の資産価値はどうなるのか気になるところですね。
実際はどうなのでしょうか。

 

 

共有部分で自殺、事故があった場合はマンション売却価格に影響する?

 

マンションの中の自宅以外で自殺や落下事故など
事故物件として扱われる事が起こった場合、
非常に残念な思いがあると思います。

 

 

共用部分での事故は、不動産の取引対象外の事故となるため、
不動産会社も情報の入手は難しいと考えられます。

 

 

なぜなら、自宅で起こった事故でない場合は告知義務がないため
すべてを把握しきれないからです。

 

 

自宅のあるマンションのどこかで過去に事故があったとしても
そのことを知らずに住んでいる、ということはありえます。

 

 

 

そう考えると
長い目で見ると資産価値への影響はそれほどない
と考えてよいのではないでしょうか。

 

 

事故がマスコミに取り上げられられるなどした場合は、
見る人が見れば、どのマンションで事故が起こったか
というのは分かるものです。

 

 

 

事故直後にマンションを売りに出す場合は売りにくい?

 

事故直後に事故のあった中古マンションを売りに出す場合は
売れにくい、ということは十分に考えられます。

 

 

査定額通りの価格で買ってくれる人がいれば
それは影響がなかったということになります。

 

 

なかなか売れないので、価格を下げて売りに出したら売れた
ということであれば、価値が下がった、ともとれますが、
こればかりは売り主と買い主の金額の合意で決まることですので
一概にはいえないことです。

 

 

世間の関心が過ぎてからだと、
売りにくさはなくなる
と考えられます。

 

 

共用部分のどの場所で起こったか
ということも関係すると考えられます。

 

 

自宅居住部が事故のあった場所が遠い場合と近い場合では
購入希望者の意識は随分違うものです。

 

 

マンションは、立地利便性が大きな要素をもっています。

 

 

そのマンションの共用部分で事故があったとしても
駅から近く人気のマンションで、なかなか売りに出ないマンションであれば
住みたい人は購入したいと考えるのではないでしょうか。

 

 

マンションの査定額と売却額は違います。

 

 

マンションを実際に売りに出してみないと分からない、ともいえます。

 

 

売却実績の多い不動産会社であれば、同様のケースをよく知っています。

 

 

まずは不動産会社に相談してみましょう。

 

 

売却時期についても相談してみるとよいでしょう。

 

 

 

 

>>>おすすめのマンション査定サイトはこちら

 

 

 

 

※マンション売却、マンション査定については、こちらのページも参考にして下さい。

 


マンションを高く売りたい!

マンションを高く売るためには、一社だけではなく複数の会社の査定額を比較すること不動産会社選びが重要です。

>>>60秒 カンタン一括査定申込みこちら