マンション 査定  

訪問査定で必要な書類、聞かれること、注意点

マンション,査定,訪問査定

 

マンションを売却することが決まれば必ず訪問査定が必要となりますが、ここでは、訪問査定を受ける際の注意点、聞かれること、準備するものについて説明します。

 

 

訪問査定とは実査定ともいい、不動産会社の担当者が実際に現地を訪問します。 

 

 

マンションがだいたいいくらで売れるかをはじき出すものです。

 

 

居住区間の内外の状態、周辺の環境なども考慮に入れ、近隣地域の売り出し事例、過去の取引事例、不動産市場の動向をみて査定します。

 

 

所在地、間取り、築年数などの限られた情報だけからはじき出す机上査定に比べ、より正確な査定価格を知ることができます。

 

 

 

 

訪問査定の際、不動産会社との対応で注意すること

 

  • 事前に電話で担当者と話をする。(日時を決めるなど)
  •  

  • 訪問査定の前に最低限必要な情報を伝えておく。
  •  

  • 当日必要な書類などを確認して準備しておく。
  •  

  • 家をきれいに整理整頓しておく

 

 

不動産会社の担当者は、仲介をお願いした場合はその人が窓口になる人です。

 

 

電話対応などでも、その人のマナーなどはある程度確認できるでしょう。

 

 

万一基礎的な電話対応の地点で印象の悪い営業マンだとしたら、それはマンション売却を任せるには頼りないですね。

 

 

マンションがスムーズに売れればいいですが、色々な相談ごとが出てくるかもしれません。

 

 

やはり、やりとりがスムーズにできる人、というのも大切ですね。

 

 

また、できるだけ査定の段階でも家は整理整頓してきましょう。

 

 

 

 

分譲マンションの訪問査定時に聞かれること

 

マンション,査定,訪問査定

家の訪問査定時に聞かれるのは、

 

 

などです。

 

いくらくらいで売却を希望するか、については、
査定を受ける段階で考えている金額で大丈夫です。

 

 

ローン残債はシッカリ把握した上で査定してもらいましょう。

 

 

住宅ローンの残高によっては、
マンションの価値がローン残高よりも低いと「担保割れ」になってしまいます。

 

 

住宅ローンの残高はローンを借り換える際にも必要になります。

 

 

担保割れの場合は、借り換えローンの選択肢の幅が少なくなります。

 

もしも担保割れでなければ、次に借りることのできる住宅ローンの選択肢は増えます。
より金利が安いなど、有利なローンへの借り換えが期待できます。

 

 

今後の資金計画に違いが出てきますので、ローン残高は正確な金額を把握しておきましょう。

 

 

訪問査定の際に準備する主な書類

 

  • 権利証
  • 登記簿謄本
  • 公図
  • 測量図
  • 図面(間取りがわかるもの) 

など

 

 

実際に必要な書類については、不動産会社が事前に教えてくれるので、
あるものはすべて準備しておきましょう。

 

 

リフォームをしているなど、物件の価値を上げるようなプラス要素のものについては、そのパンフレット等も用意しておくとよいでしょう。

 

 

訪問査定の際にコミュニケーショをとることが大事

 

マンション,査定,訪問査定

訪問査定時は、売主と営業マンが直接対話できるときですので、しっかりコミュニケーションをとるようにしましょう。

 

 

高い査定額を出してもらうため、ではありません。

 

 

どの不動産会社にマンション売却を任せるか、を決めるには、
やはり直接関わる営業マンの存在は大切です。

 

 

なるべく複数の不動産会社に査定をしてもらい、
信頼性の高い査定額を出してくれる会社、営業マン
比較した上で選択する、ということが重要です。

 

 

 

 

マンション売却・不動産一括査定についてはこちらのページも参考にしてください。

 


マンションを高く売りたい!

マンションを高く売るためには、一社だけではなく複数の会社の査定額を比較すること不動産会社選びが重要です。

>>>60秒 カンタン一括査定申込みこちら!