マンションの鍵を紛失!売却時は売主負担で交換するの?

マンション売却時に鍵を紛失 売主負担で交換するの?

マンション,査定,売却,鍵,紛失

 

マンション売却時、鍵を紛失していて
すべての鍵が揃わないことは少なくありません。

 

 

 

そのような場合、部屋の鍵は売主負担で交換しなければならないのでしょうか。

 

 

 

引渡しまでに売主が
お金を負担して交換するものなのでしょうか?

 

 

 

マンション売却時は、通常、現在の鍵の状態、そのままの状態で買主に引き渡します。

 

 

 

  • 買主が、自分が入居する際にそのまま使用するか
  •  

  • 新たな鍵を取り付けるのか
  •  

  • どのタイプの鍵を取り付けるのか

 

 

 

それは買い主のセキュリテイの考え方によるものです。

 

 

 

売主は現在使用している鍵、
今持っているマンションの鍵をすべて集め
決済時に渡せばよいでしょう。

 

 

 

契約内容によりますが
万一鍵が壊れている場合は、直しておいたほうがよいでしょう。

 

 

 

 

マンションの鍵を紛失してしまっている場合

 

 

マンションの鍵は複数個持っているものです。

 

 

長年住んでいる間には
マンションの鍵をなくしてしまうこともあります。

 

 

 

売り主が、マンションの鍵を全て集めて
決済時、引き渡しの時に買い主に渡しますが、
いくつか紛失してしまっている状態です。

 

 

 

売り主は、自分の住まいである
自分のマンションの鍵を失くしただけです。

 

 

失くしたものはどうしようもないのです。

 

 

 

それは、自分がセキュリティ上の不安を感じるものであって
誰に責められるものでもありません

 

 

 

仮に買い主がマンションの鍵を紛失することなく
すべて揃えて買い主に渡したとしても
それで買い主は安全なのでしょうか?

 

 

 

たとえ鍵がすべての本数が揃っていたととしても
合い鍵を作ることは可能です。

 

 

 

セキュリティ面で考えると、買った側はは引き渡しを受けた後、
自分で鍵を交換したほうがよいでしょう。

 

 

 

 

買い主が鍵の交換をできないタイプの場合

 

 

ごく稀に、シリンダー交換できないケースもあります。

 

 

その場合は鍵を紛失してしまった売主が
売主負担で合い鍵を用意しなければならない可能性もあります。

 

 

 

 

鍵の交換についての契約書への記載

 

通常は上記の考えでよいと思いますが
鍵の交換を、売主負担でするよう買い主に求められる場合があります。

 

 

どちらが負担するか、ということについては
引渡し前にきちんと明確にしておきましょう。

 

 

のちのちトラブルが起こらないよう
細部までとりきめをしておくことが重要です。

 

 

 

鍵の交換についても契約書にいれておくことがトラブル防止になります。

 

 

 

なお、マンションの鍵を交換する場合は管理会社に確認したうえで行いましょう。

 

 

 

 

>>>マンション売却 不動産会社の選び方

 

 

 

 

 

マンション売却不動産一括査定については、こちらのページも参考にして下さい。


マンションを高く売りたい!

マンションを高く売るためには、一社だけではなく複数の会社の査定額を比較すること不動産会社選びが重要です。

>>>60秒 カンタン一括査定申込みこちら!