マンション 査定 

マンションの専有部分、共用部分、専用使用部分ってどこ?

マンション,査定,専有部分,共用部分,専用使用部分

 

マンションの場合は一戸建てとは違い、
マンションの建物自体にブランド力がある、
という見方ができます。

 

 

エントランス、外壁、構造、セキュリティなど、マンションならではの魅力がありますね。

 

 

マンションの査定は、共用部分の評価で大きく変わります。

 

 

ここでは
マンションのマンションの専有部分、共用部分、専用使用部分
について説明します。

 

 

 

 

マンションの査定額に影響する、マンション共用部分ってどこ?

 

マンションの査定では、自分の専有部分だけでなく、共用部分も大きく影響します。

 

 

マンションの中で自分の住んでいるところ、住戸部分専有部分といいます。

 

 

そして、建物の専有部分以外共用部分といいます。

 

 

 

 

マンションの共用部分

 

マンションの共用部分とは

 

  • エントランス
  • エレベーター
  • 階段
  • 廊下
  • ベランダ
  • 屋上
  • 駐車場

 

建物の構造部分である

 

  • 天井
  • 梁(はり)

 

これらはすべて共用部分です。

 

 

マンションの住民がみんなで使い、管理会社が積立金を使って補修する部分にあたります。

 

 

 

注意しねければならないのは、
居住部分の壁は真までが専有部分というのではなく、表面が専有部分であり、壁の内側、床下、柱、梁(はり)などは共用部分となります。

 

 

意外に思われるかもしれませんが、

 

  • 玄関扉
  • 外気と接する窓ガラス

 

も共用部分になります。

 

 

  • 勝手に色を塗り変える
  • デザインを変える
  • ガラスの種類を変える

ということはできない、ということです。

 

 

専用使用部分

 

  • ベランダ
  • バルコニー
  • 専用庭
  • 玄関扉

 

などは専用使用部分といい、管理と補修は、所有者が行います。

 

 

例えば、

 

窓ガラスが割れた場合は、原則としてその部屋の区分所有者の負担で修理や取り替えを行います。

 

 

マンションを売るときにリフォームをする場合は、専有部分のみになりますので、マンションにより違いがあるかもしれませんので、規約を確認するようにしてください。

 

 

マンションの専有部分、居住部分については、自分できれいに掃除したりリフォームなどもできますが、共有部分については、
勝手に変更を加えることはできません。

 

 

ただし、査定を受ける際には、共有部分であっても、自分の居住部分周りはきれいに片付け、掃除をしておきましょう。

 

 

 

 

マンションの査定額に影響を及ぼす事項

 

マンションの査定額に影響を及ぼす事項である

  • バリアフリーかどうか
  • 耐震構造かどうか
  • 設備

などは、個人ではどうしようもない部分ということになります。

 

 

 

マンションの査定では、その他にも安全性、利便性の面で

  • 建物のセキュリティ面(オートロックか、セキュリティに入っているか)
  • インターネット環境など(インターネット接続が最新の技術に対応しているかどうか)

も重要になります。

 

 

 

マンションの査定は、専有部分、共用部分、トータルでの査定となり、そのマンションとしての価値が大きいことを理解しておきましょう。

 

 

 

 

 

※マンション売却、査定については詳しくはこちらのページを参考にして下さい。



HOME4U マンションナビ すまいValue スマイスター イエイ イエウール