不動産の査定方法、マンションの査定額の出し方は?

不動産の査定方法、マンションの査定額の出し方は?

 

不動産の査定方法は、主に3つの算出方法があり、それぞれの方法で算出価格は異なってきます。

 

 

査定額算出方法

  • 取引事例比較法(中古マンション比較法)
  • 原価法
  • 収益還元法

 

 

では、実際にはどのような方法で査定されるのでしょうか。

 

 

 

取引事例比較法

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

分譲マンション査定算出方法の中で、この「取引事例比較法」が一番よく使われています。

 

 

「中古マンション比較法」とも呼ばれます。

 

 

取引事例比較法(中古マンション比較法)とは、査定するマンションと、その査定マンションと条件が似た近隣マンションの取引事例を比較して、価格を出す方法です。

 

 

近くの似通ったマンションの最近の売買価格を元にして査定価格を出す、ということです。

 

 

取引事例比較法によって中古マンションを査定する際、多くの不動産業者が公益財団法人不動産流通推進センター(旧 不動産流通近代化センター)の「マンション価格査定マニュアル」を利用します。

 

 

ただし、不動産会社によって参考にするデータが違うため、取引事例比較法による算出査定額が違ってくる、ということになります。

 

 

売買成約事例マンションと比較する査定評価項目は、

 

  • 日当たり
  • 風通し
  • 眺望

などの立地条件

 

  • 築年数
  • 建物や室内の状況
  • 周辺環境
  • 駅や公共施設までの距離などの利便性
  • マンションの管理状況

 

などです。

 

 

これらの項目ごとに事例マンションと査定マンションの両方を総合的に評価し、 比較した上であなたのマンションの査定価格が出る、ということになります。

 

 

自分の住んでいるマンション、もしくは近隣の同じ条件の取引事例があるかどうか、確認してみるとよいでしょう。

 

 

マンションがある程度の築年数が経過している場合は、最近同じマンションの住戸が売買されている可能性があるでしょう。

 

 

そういう場合は、そのマンションを仲介した不動産会社に査定を申し込むと、間取りの確認などだけでも、そこそこ精度の高い査定額が出る、といえます。

 

 

 

同じマンションで査定額に差がでる部分は?

 

集めた取引事例を基に、それぞれの条件を比較し、プラス・マイナスの評点をつけていくわけですが、同じマンションで比較する場合、違いが出やすいのが

  • 使用状況
  • 眺望
  • 階数
  • 向き
  • マンション内での配置

です。

 

 

使用状況(汚れ度合い)は
リフォームの必要性により金額に差が出るといえます。

 

大規模マンションの場合、同じ時期に、複数の不動産会社の仲介により、複数戸の売りが出ることがあります。

 

 

競合物件として価格を比べられてしまいますので、そのような場合は売り出し価格をやや抑えて出さなければ売るのは難しい、と考えられます。

 

 

もしも時間に余裕がある場合は、すこしマンションを売る時期をずらす、ということを考えても良いかもしれません。

 

 

 

 

原価法

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

原価法とは、再調達原価を求め、減価補正を行なって算出する方法です。

 

 

再調達原価とは、

 

対象不動産をその時点に再調達すると仮定した場合に、(もう一度建築・造成した場合)にいくらになるか(再調達原価)を割り出します。

 

 

そのときに必要とされる適正な原価総額のことをいいます。

 

 

そこから建築後、何年経ったかで価値が低下する分を減価修正し、現在の不動産の価値を算出する、ということです。

 

 

査定対象となる不動産が再調達原価、減価修正をきちんと行なうことができる場合には用いることができます。

 

 

建物の建っていない土地のみの評価額を出すには向いていないといえます。

 

 

しかし、土地のみであっても、新しい造成地などの場合で、再調達原価を求められる場合には使われることもあります。

 

 

一戸建住宅の評価額を求める場合は、原価法を使用するのが一般的です。

 

 

  • 土地価格の査定
  • 建物価格の査定
  • 土地建物

 

それらを一体として市場性の検討をしたうえで積算価格を求めます。

 

 

中古住宅の査定で用いる場合は、

 

減価額(残存価値率)の査定と、
市場性の増減価の判定

 

がポイントとなります。

 

 

 

 

収益還元法

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

収益還元法は、賃貸マンションの査定によく用いられます。

 

 

収益還元法とは、

 

不動産が生み出すと予測される家賃などの収益を、将来にわたって算出した純利益と、現在の不動産の価値を総合して、査定価格を算出する方法です。

 

 

この収益還元法は、

 

アパート、賃貸マンション、テナントビルなどの賃貸に出されている収益物件の評価額算出に多く利用されている評価方法です。

 

 

 

 

以上、3つの査定方法の説明でした。

 

 

 

不動産一括査定サイトとは?

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

マンション売却を検討中であれば、必ず一社ではなく、複数の不動産会社に査定をしてもらいましょう。

 

 

納得のいくマンション売却を行うには、複数の不動産会社に査定をしてもらい、査定額と営業マン、売却活動を比較し、不動産会社を選ぶことが大事です。

 

 

ここでおすすめしたいのが、不動産一括査定(無料査定)のご利用です。

 

 

物件エリアのマンション売却に強い不動産会社査定価格の比較ができます。

 

 

不動産屋まわりなどの手間をかけることなく、オンラインで査定の依頼が可能、一度の入力で複数の不動産会社に査定を申し込めるので、忙しい方にはとても有り難いサービスです。

 

 

机上査定ではおおよその査定額を、訪問査定では精度の高い査定額の提案をもらえます。

 

 

不動産一括査定サービスを利用して、そのエリアで売却実績の多い、売却力の高い会社を見つけて下さい。

 

 

マンションの査定におすすめの不動産一括査定サイトは?(無料査定)

 

 

ここではマンション売却におすすめの不動産一括査定サイト無料査定)をご紹介します。

 

各サイトの参考ページではマンション査定申込み画面もご確認いただけます。

 

それぞれに特徴があり、登録不動産会社が違います。お好みのサイトをご利用下さい。

 

 

 HOME4U (ホームフォーユー)

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

運営 株式会社NTTデータ・スマートソーシング

 

  • 売却査定数 累計20万件突破!
  • 登録会社数 全国900社!
  • 信頼の運営実績16年!
  • 大手から地場企業まで厳選された加盟会社の中から最大6社に査定依頼可能!

 

 

皆さんご存知のNTTデータグループが運営する不動産査定サイト。情報保護・管理をしてくれるので安心です。

 

 

参考ページ:HOME4U(ホームフォーユー) マンション査定について

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

 

 

 

 すまいValue

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

安心感・信頼性が抜群! 大手6社直営

 

 

野村の仲介PLUS東急リバブル三菱地所ハウスネット小田急不動産住友不動産販売三井のリハウス 

 

 

6社のうち物件エリアに対応する会社から無料で査定価格の提案を受け取ることができます!

 

 

  • 不動産売却実績年間10万件以上!
  • 購入問い合わせの多さが強み!(1年間 36万組以上)/li>
  • 全国830店舗!(6社合計)
  • トラブルなく安心・安全に取引できた割合 96.7%!
  • 不動産を売却された7割近くの方が6社いずれかに売却相談

    ※調査対象:過去3年 首都圏

 

全国規模のネットワークを生かし、豊富な経験から、様々な不動産売却に対応してくれます。

 

※大都市圏の不動産売却に特におすすめです。

 

 

参考ページ:すまいValue(すまいバリュー) マンション査定について

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

 

 

 

 マンション.navi

 

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法


運営 マンションリサーチ株式会社

 

  • マンション査定に特化したサイト!
  • 利用者実績 累計360万件突破!
  • 登録会社数 全国2500店舗!

 

 

マンションに特化した不動産会社の加盟が多く、賃貸に強い会社による賃貸査定も同時に可能!売却、買取り、賃貸最大9社を紹介してくれます。

 

※特にマンション売却だけでなく、賃貸も検討されている方におすすめです!

 

 

参考ページ:マンションナビ 査定について

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

 

 

 

スマイスター

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

運営 株式会社シースタイル

 

  • サイト利用 350万人以上!
  • 登録会社数 全国1200社以上!
  • 信頼の運営実績10年以上!
  • 最大6社に査定依頼可能!
  • お客様専用フリーダイヤル窓口の設置

 

運営会社は個人情報や物件情報を徹底管理するプライバシーマーク取得企業なのでより安心

 

大手不動産会社から地場に根付いた地域密着型の不動産会社まで査定対応が可能。

 

東京、大阪、福岡に拠点があり、特にそれらの地域では大手から中小加盟会社数が多く、選択肢が豊富です。

 

 

参考ページ:スマイスター マンション査定について

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

 

 

 

 イエウール

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

運営 株式会社Speee

 

  • 利用社数 450万人以上!
  • 登録会社数 全国1200社以上!
  • 最大6社に査定依頼可能!

 

登録会社数が多いので、都会でなくても安心できる会社で選択肢が多いのがよいところです。

 

お断り代行サービスがあります。

 

 

参考ページ:イエウール マンション査定について

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

 

 

 

 イエイ

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

運営 セカイエ株式会社

 

  • サイト利用 400万人以上!
  • 登録会社数 全国1000社以上!
  • 最大6社に査定依頼可能!

 

登録会社数が多いので、都会でなくても安心できる会社で選択肢が多いのがよいところです。

 

24時間・年中無休のサポートデスクが徹底サポートしてくれます。

 

お断り代行サービスがあります。

 

 

参考ページ:イエイ マンション査定について

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

 

 

 

 SUUMO (スーモ)

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

運営 株式会社リクルート住まいカンパニー(SUUMO不動産)

 

CMでおなじみのSUUMO(スーモ)はリクルートホールディングスグループが運営する住宅・不動産の情報サイトです。

 

 

大手から地元企業まで選択肢が多く、不動産会社をキーワードで絞り込むことができます。

 

 

不動産会社情報として、物件エリアの売却実績購入希望情報を見て不動産会社を選択できます。

 

運営会社は個人情報や物件情報を徹底管理するプライバシーマーク取得企業なのでより安心

 

 

参考ページ:SUUMO(スーモ) マンション査定について

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

 

 

 

以上、不動産売却時に多くの方が利用している不動産一括査定サイト無料査定)をご紹介しました。

 

 

マンションを売却する際に重要な売却査定不動産査定)。

 

 

ご紹介しているサイトは、多くの利用者から口コミ、評判がよく、安心してご利用頂けるサイトです。

 

 

登録会社は、運営会社の審査を通過している優良業者ばかりです。

 

 

実際にマンションを売却する際には、必ず訪問査定を通して、自分の目で複数の会社、営業マンを比較して選ぶことが大切です。

 

 

 

尚、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県で不動産売却をお考えの方には、一括査定サイトに加えてソニー不動産の査定もおすすめします。

 

ソニー不動産

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

 

ソニー不動産は、一つの物件で売り手と買い手、両方を担当することを原則禁止しています。

 

 

売却を依頼した場合、完全に売却する人側に立って売却をすすめてくれる、ということです。

 

 

参考ページ:ソニー不動産 売却エージェントサービスとは?

 

マンション,査定,取引事例比較法,原価法,収益還元法

マンションを高く売りたい!

マンションを高く売るためには、一社だけではなく複数の会社の査定額を比較すること不動産会社選びが重要です。

>>>60秒 カンタン一括査定申込みはこちら!

HOME4U すまいValue マンションナビ スマイスター イエウール イエイ SUUMO